グリーンゼリーの反響

昔は「我が家」を存続させるためにもやっぱ男児を産む必要があり、母親ばかり産んで仕舞う女性は「女腹」と言われ軽視されていました。今はどちらかというと母親を産みたいというほうが多いですが、さまざまな要因から男児を望む方もいないわけではありません。そんなときには産み分け手段を実践してみませんか。100パーセンテージの確率とは言えませんが、自然に割り当てるのと違って70パーセンテージから80パーセンテージの割合で望んだ性別の乳児を手に入れることができると言われています。

グリーンゼリーもそのための方法の一つです。
性別は染色ボディで決まります。卵子にはX染色ボディのみ。精子の頭部に入ってあるX染色ボディかY染色ボディ、どちらが着階層するかで決定するのです。父親ならXYとならなければならず、そのためにはY染色ボディを含むY精子に着床してもらわなければならないのです。Y精子には寿命が少ない・X精子の倍という総締めがある・アルカリ性に強くて酸性にしょうもない、などのうりがあります。総締めが多いのですから男児の方が数多く出来上がりそうですが、妻の膣の外は酸性ながら中に出向くほどアルカリ性なのでサクサク減っていってしまう。グリーンゼリーはアルカリ性の材料です。それを入れてやることで卵子のすぐそばまでアルカリ性で満たしてやり、Y精子が赴き易くなるようにする。とことんアルカリ性の多い点からスタートできるみたい入れ込みは深めにする・寿命を考えて排卵お日様当日に性交するなどその他にも手段はいろいろあります。糖尿病の予防