多嚢胞性卵巣ってなに?

奥様存在の不妊の原因の一つに、多嚢胞性卵巣症候群があります。卵子を包んである手提げのことを卵胞と言いますが、通常は28お日様ペースで一部だけ卵子が成長します。卵子の進化によって、これを包み込んでおる卵胞も成熟して大きく発達します。排卵お日様によって成熟した卵胞から思い切り成長した卵子が飛び出してくるので、排卵が起こるのです。しかし、多嚢胞性卵巣症候群の奥様の卵巣では、本来一環だけの成長するはずの卵胞が何個も出来ている状態になっています。これでは卵胞が成熟できませんし、正常な排卵は起こり難くなりますから、不妊へと向かうに関してなのです。奥様の約1割は多嚢胞性卵巣症候群と言われているので、必ずしもマイナーな病気ではありません。
多嚢胞性卵巣症候群か比べるには、生理不規則がないかやエコーでネックレス自書がないかを調べます。主な障害は、排卵不順による無生理やメンス不順のほか、ふくよかや血糖プライスの上乗せなどが挙げられます。肥満になると蓄積される健康脂肪に男子ホルモンや奥様ホルモンが増えていくので、ホルモンの分泌のバランスが崩れてしまう。どんどんふくよかだとインスリンプライスが高くなり、このことが排卵役目の劣化をもたらします。
しかし、もしも多嚢胞性卵巣症候群であっても排卵連続剤として受胎しやすくすることは可能ですし、生理を正常化させるための薬もありますから、医者と共に向き合っていくことが大切です。ホームページ