頭皮のかゆみを抑える方法

頭皮のかゆみを抑える方法はいくつかあります。1番確実な方法は皮膚科の医師に診てもらうことです。しかし、できれば自分で解決したいという人が多いのではないでしょうか。そこで今回は、自分で頭皮のかゆみを抑える方法について紹介します。
大切なのは原因を把握することです。原因としてよく見られるのは、使用しているシャンプーが良くないケースです。シャンプーにはさまざまな成分が入っており、その成分が肌に合わないことがあります。シャンプーを買い換えた後に、かゆみが生じたならその可能性が高いでしょう。その場合は刺激が強くないシャンプーに変えると良いです。
シャンプーのすすぎ残しが原因でかゆいと感じることも少なくありません。シャンプーを使用した後は丁寧に洗い流すことを心がけてください。また洗い方に問題があることもあります。爪を立てて洗うのは良くありません。爪が頭皮を傷つけて、そこから雑菌などが入ってしまうことがあるからです。雑菌の繁殖がかゆみの原因になることもあるのです。爪を立てずに指の腹を使って優しく洗いましょう。
また乾燥もかゆみを引き起こす主な原因の一つです。頭皮以外の箇所が乾燥している場合、すぐに気付く人が多いでしょう。しかし髪で覆われた頭皮は乾燥していても気づきにくいのです。もし体に乾燥している箇所があれば、同様に頭皮も乾燥しているのではないかと疑ってみましょう。乾燥が認められたら、保湿を行ってください。アトピー治療

洗顔の頻度

いちごのように黒いポツポツが目立つ鼻の人は、よごれているからたくさん洗いたくなるでしょう。気持ちが焦ってしまうと1日に何度も洗いたくなりますが、洗いすぎもダメです。かえって鼻の乾燥を進めてしまいます。

確かに皮脂汚れは落とした方が良いですが、適度に皮脂を残しておいてください。皮脂には肌を乾燥から守るバリア機能があります。だから、洗顔回数を増やしすぎないようにしましょう。洗えば洗うほど、皮脂が洗い流されてしまいます。

1番良いのは、朝と夜の1日2回です。普通ではないかと思いませんか。普通が肌にはちょうど良いです。朝、起きた時に石鹸などで洗いましょう。メイクなどの汚れがないのであまり洗浄力が強い洗顔料でなくて構いません。

夜は、メイクなどの汚れがあるので、クレンジングしましょう。日焼け止めを塗った場合もそうです。石鹸で落ちる日焼け止めだけならクレンジングを使わなくても良いでしょう。あまり強い力でゴシゴシ洗うことなく、優しく洗ってください。

皮膚は、とてもデリケートです。だから、皮膚の水分量を減らさないようにしてください。年を追うごとに潤いを保ちにくくなりますから、肌の潤いを奪わないように心がけましょう。ガーリックバイタリティプラセンタの効果と口コミ評価は?